20150128_guest1.JPG

兵庫県土地家屋調査士会 明石支部より 広報の中山敬一さん(左より2人目)にお越しいただきました。

中山さんは去年の夏にインターンシップで大学生を10日間引き受けられたそうです。

インターンシップとは、大学生に実際の仕事現場で社会体験をしてもらう、というもの。

中山さんが引き受けられたのは、法学部の学生さん。

測量や境界標を入れる体験に、「今、大学で学んでいることがこんな風に役立つんだ!」と感動していらっしゃったそうです。

 

大学生時代に、社会体験をする・・・

「私もそんな体験したかったな~」と、うらやましい気持ちで聞いていました。

 

「これからは兵庫県内のあらゆる大学を受け入れたいですね」と、嬉しいお言葉もいただきました。

姫路の学生さんも是非!参加してくださいね☆☆

 

締めに

姫路支部長 増田さんの一句

「大学生 インターンシップで道標(みちしるべ)」

 

いただきました!!

 

脇 朱紀