第72回ヴェネツィア国際映画祭、2冠獲得「マジックランタン賞」「ソッリーゾ・ディベルソ賞」受賞された

「ブランカとギター弾き」長谷井宏紀監督にお越しいただきました。

世界各国で上映されている映画「ブランカとギター弾き」が、ついに日本でも公開されます♬

舞台はフィリピン、マニラのスラム街。孤児の少女・ブランカが盲目のギター弾きピーターとの旅を通して成長していく心の変化を優しく描いています。

長谷井監督は12年前から1人でフィリピンのスモーキー・マウンテン(ごみの山)に通われ、現地の子供たちと交流を持ち、短編映画も撮られました。

その時からの子供達との約束。「いつかここで長編映画を撮る」

監督の温かい思いが、出演する子供たちの表情にキラキラ表れています。

キャスティングはほとんど監督がフィリピンの道端でみつけ、道端オーディションで決めた方だそうです。

しかし演技はそうとは思えないほど自然で、グイグイ引き込まれますよ。

映画の主題歌・ブランカが歌う「ホーム」の歌詞は監督が書かれました。

「日本の子供たちに観てほしい」という思いで撮られた映画「ブランカとギター弾き」

観終わった後、きっと心が、明るく、柔らかくなっていますよ。

 

公開映画館・日時)

アースシネマズ姫路(http://earthcinemas.jp/)で10月28日(土曜日)~11月3日(金曜日)

10月28日(土曜日)11:30

10月29日(日曜日)11:30(上映終了後、監督舞台挨拶)

10月30日(月曜日)~11月2日(木曜日)11:30、19:20

11月3日 時間未定(お問い合わせください)

※目の不自由な方もUDCastで映画館でお楽しみいただます。

 

脇 朱紀